Global Standards 2
Top 会社概要 お問合せ Access Map
ASME 安全管理審査 海外企画 登録個別検定 電事法検査 指定外国検査
電事法検査
はじめに
なぜ第三者機関が
必要か
第三者検査の評価実施
手順および手引書
電気事業法に基づく設置者における「事業者検査実施体制」構築支援コンサルティング業務
お問合せ
なぜ第三者機関が必要か
〜客観性・独立性・信頼性の確保〜

電気事業法においては「第三者検査」は求められていませんが、現状は設置者に要求されている「溶接事業者検査」が溶接施工工場に委託されるケース(第一者検査)が多い状態にあります。この場合、試験、検査の客観性、独立性、信頼性を確保することが困難な事態も考えられます。このため、技術的な専門家が行う第三者検査の活用により、法定行為としての試験・検査の保証が確実となります。
最近発行された規制文書でも下記の要求事項があります。

1) 「検査の解釈」での要求事項:「溶接施工法」「溶接士の技能」は客観性を有する方法による試験を実施すること。
2)「検査ガイド」での要求事項
・あらかじめの検査における「客観性を有する試験の実施」の要求
・溶接事業者検査実施組織の構築における「溶接事業者検査員の独立性」の要求
・検査の方法における「溶接事業者検査データの信頼性確保」の要求

すでに、原子力の設置者グループでは「あらかじめの溶接事業者検査」に使用する試験記録の客観性維持のために第三者検査が活用されています。
この結果、設置者が行う「あらかじめの溶接事業者検査」がスムーズに運営されています。
このため、法定行為の溶接事業者検査を担保する第三者検査の必要性が高いといえます。
TOP
Copyright 2012© The Hartford Steam Boiler Inspection and Insurance Company of Connecticut.
All Rights Reserved. |User Profile  |  Terms of Use  |  Privacy Policy