Global Standards 2
Top 会社概要 お問合せ Access Map
ASME 安全管理審査 海外企画 登録個別検定 電事法検査 指定外国検査
会社概要
競争力
業務内容
海外での業務内容
日本での業務内容
お問合せ
採用情報
競争力
■[競争力]が求められています。
国の垣根を越えた厳しいビジネス環境下では、社会と顧客が満足のゆく品質を提供することが、最終的にいちばんの競争力となることがはっきりしてきました。
地味なリスクマネジメントも、品質のマネージから始まります。

ハートフォードスチームボイラ検査保険会社HSBは、足かけ三世紀、130年にわたって培い育て上げたHSB自身の品質をお得意先に提供することを通じて、世界80ヶ国におよぶ顧客の大切な施設・設備・システムの品質を保証・向上・維持することに貢献してきました。
そして高い評価をいただいてきました。

私どもHSBジャパンは、HSBというエンジニアリング界の優良ブランドが持つサービスを日本の顧客にご提供して、その品質を実感していただけるように、1975年に日本での業務を開始しました。
その後、2000年1月には、HSBの日本法人として、HSBジャパン株式会社を設立し、一層身近なサービスを提供しています。
そして今、あるときは[代えがたいパートナー]として、あるときは[信頼おける第三者機関]として、誠実に、プロフェッショナルに、きめ細かく、お得意先のニーズの充足とコストの低減をはじめとして、ご期待に沿うことをお約束申し上げます。

HSBの設立は1866年、日本でいえば明治維新前です。当時、1850年代後半には、全米で蒸気動力が日常生活の一部になっていましたが、ボイラの設計、製造、検査、操作方法にはまだ明確な規格もありませんでした。
1854年の米国東部のコネチカット州ハートフォードでのボイラ爆発や1865年のミシシッピ河の蒸気船サルタナ号のボイラ爆発事故などを契機として、検査と保険の両者による予防技術を提供して動力装置使用者の財産を守る目的で、ハートフォードスチームボイラ検査保険会社(HSB)が設立されたのです。
当時の検査保険の主な対象は蒸気機関車でした。
その中から最新型石炭焚き「コメット号」が設立されたHSBのシンボルマークとなり、現在もHSBのロゴマークとして使用されています。
TOP

HSB(ハードスチーム・ボイラ検査・保険会社)の競争力
■歴史と伝統
130年以上にわたり検査と保険の両者による予防技術をもとに発電設備、動力発生機器、石油化学関連設備および製品等とエネルギー産業の分野を専門とする世界最大級の検査・保険会社です。

■一貫した技術
全世界に700人以上の検査員を擁し、発電設備等の工場製作から据え付け、運転、維持にいたるまで一貫してカバーする技術力で、米国の主要な電力会社、IPPおよび機器製造メーカー(GE,バブコック,ABB等)にサービスを提供した実績を持つ、世界に通用するトップクラスのシステムと技術力です。

■ユニークな技術力
独立した立場で、異なる会社(機器製造メーカーや設置者等)に対して、検査・審査およびエンジニアリングを含む保険業務を行っています。国や企業間の壁を超えた「横断的」な技術情報を有し、130年以上にわたって専門技術者、科学者、環境スペシャリストが独自な研究を行っています。
機械設備等を安全・確実・効率的に使用できる世界最大の30万件以上を越える機器のデータベースと技術力を構築しています。

■パートナーシップ
グローバルなネットワークを駆使してパートナーシップにもとづく品質本位の審査や検査を実施します。

■将来に備えた保険
規制緩和にともない今後の発電設備に関する保険業務を行います。
TOP
Copyright 2012© The Hartford Steam Boiler Inspection and Insurance Company of Connecticut.
All Rights Reserved. |User Profile  |  Terms of Use  |  Privacy Policy